人間が、本能で恋をしている以上、世の中から不倫をなくすことはできないはずなのですが…、その不倫をなくすことができるとしたら、それって一体どのような方法だと思いますか?

実は、その方法があるんです!アナタも一緒に考えてみてください。

犯罪をなくすには「法律を変えればよい」説


ある教室で、先生が学生に対し、「犯罪をなくすには、どうしたら良いと思いますか?」という問い掛けを行ったところ、多くの学生が、「教育を徹底すればよい」「街をキレイにすればよい」といったような、健全でポジティブな答えを挙げていく中、「法律をユルくすれば、犯罪は減ると思います」と答えた学生がいた、という話があります。


これはつまりどういうことかというと、極端な話、人を殺しても、それを「犯罪」としない世の中であれば、どんなに殺人事件が起こっても、犯罪は1つも起こっていないということになるわけです。要は、言葉のトリックのような感じですが、考えてみればこれって、単純で当たり前のことですよね。

 

「なんて恐ろしい考え方…!」と思うかもしれませんが、実際に、日本でも数十年前には、戦争で大量に敵を殺した人が英雄扱いをされていたわけですし、現在であっても、ちょっと国が変われば、そこでは正義という名の元に、大量にテロや虐殺が行われていたりするわけです。つまり、善悪の価値観から変えてしまえば、今までは「悪いこと」とされていた行為も「善いこと」に変わる可能性があるわけです。

「不倫」というワード自体に悪いイメージがある


少し話が飛躍してしまいましたが、結局、「不倫」を世の中からなくすためには、結婚をしている男女が、婚外で恋愛をするという行為に対し、「不倫」という俗称で語らないようにすればいいわけです。これも、言葉のカラクリですが、要は今まで「不倫」と呼んでいたものを「正倫」とか「合倫」とかいう呼び名に変えてしまえば、不倫はこの世からキレイサッパリ、消えてなくなるというわけです。


「不倫」というと、倫理に反すること、という意味が最初から付属していますから、いかにも「悪」というイメージを皆が持ってしまいますよね?しかし、そもそも、結婚相手以外の異性を好きになるって、本当にそこまで「悪いこと」なんでしょうか?

既婚者が恋をするのは本当に「悪い」ことなのか?


ここは、逆転の発想で、結婚から数年が経てば、誰でもパートナー以外の異性を好きになる可能性があるというのは、「当たり前のこと」であり、「よくあること」であり、「仕方のないこと」というように、いっそ「悪いことではない」と、割り切ってしまってはいかがでしょうか。…と、誰に提案すれば良いのかは、わかりませんが。1人の男性、1人の女性が、多感な20代や30代で結婚をした後、同じ相手を一生好きで居続けるなど、生物学的に考えて、これはもはや、不可能なことだと言い切れてしまうわけです。


だったらお互い、相手に、興味がなくなった時点で離婚をすれば良いわけですが。子供を育てていく上で、両親が離れて暮らすことになれば、それはそれで、子供の身の上に何かと不都合が生じてきますし、悪影響が出て来てしまう可能性もなきにしもあらずです。だから、できれば、愛が冷めてきていても、両親というのは極力2人揃っていた方が、本当は都合がいいんですよね。


そこで、皆、仕方なく「コソコソ」と相手にバレないように「浮気」や「不倫」をするわけですが。そもそも、一体、「コソコソ浮気や不倫をすること」の何が悪いのでしょうか?「悪い」とされているから、みんな、なんとなく「悪い」気がしているだけなのではないでしょうか。


実のところ、コソコソしている限りは、意外と誰にも迷惑が掛かっていなかったりするのです。それを、わざわざ暴いたり、気づいてしまって、やいのやいの言うからいけないのであって、そこまで詮索をせずに生きていれば、生活は安泰に進んでいくではありませんか。


浮気をしている本人は、パートナーにイヤな思いをさせないよう、バレないように気をつかってコソコソしてあげているわけです。その時点で、「家庭を壊してはならない」という意志があるわけですから、そこは尊重すべきでしょう。

夫にも妻にも平等に浮気の権利を…


これがたとえば、法律上、男性のみに浮気の特権が与えられているようだと、それはもう、どう考えたって不平等で、理不尽極まりない話です。しかし、女性にもちゃんと、浮気の権利が平等に与えられているのなら、それほど、問題は起こらないのではないでしょうか。ただ、女性は、妊娠期間中や、授乳期間中、赤ちゃんに縛られてしまい、その期間に男性に浮気をされやすい、という点においては、とても不利なんですよね。


ですが、ここでも、先入観には囚われず、「女性が育児をしなければならない」という概念からして、改革を行って行けば良いのです。男性にも、もっと、育児休暇が取りやすい環境を与え、母親を育児から解放してあげるタイミングを作れば、この件に関する不平等感は減っていくでしょう。

浮気が正義になれば夫婦仲は逆に良くなる


浮気や不倫が、法律で「リフレッシュの良い機会」として認められ、世間的にも、それは確かにアリだね、ということになったら、夫婦と言えど、そこには緊張が走るようになるでしょう。他の異性のところへ行かれてしまっても、文句が言えないわけですから、できるだけ相手に嫌われないように、良い夫、良い妻であろうと、努める人も増えてくるかもしれません。


実際、浮気が罪であるということにかこつけて、余裕をぶっこき、夫や妻に対し、ふんぞりかえって接している人も、多いのではないでしょうか?


たとえば、面倒臭いし飽きたから、妻とは、セックスもしなければ、スキンシップもしない。そのクセ、妻が浮気をしたら激情する!なんて旦那は、本来、ろくでなしなのです。またその逆に、旦那と顔を合わせれば、愚痴ばかり、メイクもしないし、家事もロクにやらない上に、旦那をアゴでこきつかって…、そのクセ、旦那がストレスからちょっと他の女の子とデートに行こうものなら、もう大激怒!こんな嫁も、人でなしと言えるでしょう。浮気よりも、よほどタチの悪いことを、本当はいつもしている輩が多いのです。

「善」や「悪」の根本を見極めよう


そう…、「不倫」という言葉の概念をもはやなくしてしまい、夫婦がお互い、別の異性に気分転換やリフレッシュなど、救いを求めることに対して、それは「正当な逃げ場である」というような風潮、ルールを新たに設置していけば良いのです。


今でいうところの、いわゆる「不倫」は、国民全員が去勢でもしない限り、決してこの世から消え去ることはないでしょう。それよりは、国民の考え方や規則の方を、現代の社会や、人間の本質に合うよう、シフトさせていくべきです。


子供のことは守りたい…、けれど、素敵な異性と交流することでストレスを発散したくもある…、という可哀想な大人達を救済するためにはどうしたらよいか、もっと我々は真剣に考えるべきでしょう。「不倫だ!不倫だ!」と婚外恋愛を悪事として囃し立てるのではなく、その悪事って、本当に「悪事なのか?」という根本を見極めていくことが大切です。


不倫=悪だと思いこんでいる人は、言葉や規則の上辺ばかりに縛られていて、実は本質が見えていない状態なのかもしれません。不倫のことはさておいても、世の中で、「善」だ「悪」だ、と言われていることに対し、もっと根本から、それって、本当はどうなの?と疑っていく姿勢って、実はとても大切なのではないでしょうか?

子供の笑顔を守ることが最優先


律儀に法を守った結果、浮気ができないストレスから、子供に手をあげてしまい、その結果、虐待で苦しむ子が生まれてしまう未来を、アナタは望むでしょうか?それならば、コソコソと外でセックスを楽しんでいたとしても、その帰り道、子供にケーキを買って「ただいまー!」と笑顔を見せてくれる、優しい父親や母親の方が、よほど人間らしくて、愛せると思いませんか?

一番大切なのは、子供の笑顔を守るということです。その子供を守るために必要なストレス発散は、正義として認められるべきではないでしょうか。以上、大胆な問題提起ですが、一石を投じてみました。

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!
コチラの記事を読んでくれてありがとうございます!

今日は、あなたにとって特別な日になります。

今日は、あなたがコチラの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします!

片思いのあの人や不倫している彼の気持や相性なども占う事が出来ます♪

いつも頑張ってるあなたへ!是非、初回無料の【幸せのレシピ】鑑定を試してみてくださいね!

>>幸せのレシピで初回無料で占う<<

※20歳未満は利用できません。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事